CEOキッズアカデミー

初級講座

【一人ビジネスを学ぶ 】

AdobeStock_209627745_l.jpeg

なぜアメリカの子どもは
庭先でレモネードを売るのか?

なぜアメリカの子供は庭先でレモネードを売るのでしょうか?

夏になるとアメリカでは

レモネード売りの子ども達が街のあちこちに現れます。

レモネード販売は、
子どもにとって

楽しく社会経験のできる文化として定着しています。

欧米では子どもの頃から

お金に関する教育を平等に受けられるんです。

日本では、「子どものうちからお金の話はしなくて良い」と

タブー視されてますが…。

ところでみなさんは、我が子が大人になった時、どうなってほしいですか?

令和時代を生きる子どもに親が望むことについて

1番多かったのは
失敗しても立ち直れて成長できること
2位は「
自分の力で道を切り開けること」らしいです。

そう。親はいつの時代も、どの国でも望むことが同じです。

でも、子供時代に教えるやり方が国によって違うのです。

この子どもにつけたい力はどうすればつくのでしょうか。

満員電車に揺られ、仕事場へ。
クタクタになってからの家事。
有給休暇も自由に使えない働き方。

上司に言われたことをする仕事。

本心はやりがいではなく、お金のために働いてる。

毎日クタクタだけど、週末は家族と出かけたり、

たまった家事をして、自分の時間は取れない。

イライラして子どもについあたる毎日。
「仕事ってなんだろう?」
「人生ってなんだろう?」

このような親を見て子どもが学ぶことは?

子どもも同じように育ててしまいます

労働者の働き方しか知らない私たちは

子どもにも同じように育ててしまいます。

我が家は実家が公務員、主人が会社員でまさしく労働者の働き方です。

大切なのは本人がどんな想いで働いているか?ですが、

子どもたちには

労働者ではなく経営者の選択がある

ということを教えたかったので、キッズアカデミーで学びました。

子どもはイメージがないと、やろうとしません。

子どものうちから楽しく社会経験をする機会を与えると、選択肢が増えるのです。

子ども達は親の姿を見て、同じような姿になります。

親が何かに挑戦する姿を見せて、失敗しても立ち直れて成長できる姿を見せると、そうなります。

親が自分の力で道を切り開ける姿を見せると、そうなります。


要は親がどんな人生を送るか

子ども達の選択肢は変わるのです。

経験が、アイデアに

先日、オレンジ郡サン・ファン・キャピストラノでオーストラリアの森林火災で被災した動物を助けるために、子どもたちがレモネード・スタンドをオープンさせ、2500ドル以上を集めたというニュースがありました。

子どもらは、レモネードの他にもクッキー、本、ぬいぐるみなどを販売。

親と8歳の娘が森林火災から保護されるコアラの映像をニュースで見て心を痛め、レモネード・スタンドのアイデアが浮かんだというのです。

子どもの頃からの経験がこのように、「自分ができることは?」という発想になるのですね。


昨日、今日の話ではなく

毎日積み上げてきた力や努力が大切です。

まずは、親が知る

親がまず新しい世界を知るって大事!

これからの時代は「お金ではなく信用を稼ぐ働き方と言われています。

一体どういう働き方なの?って思いませんか?
労働者教育をされてきた日本の教育では、ピンときません。

海外ではサービスが良ければチップを多くもらいます。

起業をするとき、自分のお金ではなく、お金をたくさん持っている人に出してもらいます。

どんな講座?

CEOアカデミー初級講座は

国際標準のビジネスマインドを持った

未来に稼げる力を育て、子供達の精神的自立を目指す

CEOキッズビジネスプログラム。

いままでのように

「お金を稼ぐためなら」「お金を稼ぐため」のやり方を

お伝えする講座ではありません。

信用を得ながら、お金の知識や経営者思考を持ち

何かしたい!という積極的な生き方を選ぶ人生を

日本の子どもたちに。

春休みの時間を親子で有意義に過ごすために。
そして子ども達の未来のために用意しました。

〇ゼロからイチのビジネスを考える力
〇仕事を作り出す力
〇お金を増やす力
〇相手に理解してもらえるように伝える力
〇決断をする力
〇問題を解決する力
〇挑戦する強い心

これからのAIと移民との国際競争に負けない稼げる力を育てるための教育です。

講座内容

アメリカの低学年の子供たちが学校で学ぶ、最初のビジネススキルの基礎

ジューススタンドの運営をベースに、ビジネススキルの基礎を学びます。

 

 

アメリカの低学年の子供たちが学校で学ぶ、最初のビジネススキルの基礎である「ジューススタンドを運営する」からヒントを得たオリジナルの教材で店舗経営の始め方を学びます。

日本的な、単なる従業員と消費者という「お店屋さんごっこ」ではなく
経営者、労働者、消費者の3方からの視点で、利益を上げることを考えます。

 

初級講座 授業内容

全計8回授業

初級講座【一人ビジネスを学ぶ 】

  1. 将来は何になりたい

  2. 仕事とお金

  3. ジューススタンドを始めよう

  4. どんなジューススタンドにしよう

  5. 材料の仕入れ

  6. どんな店にしよう

  7. 原価計算

  8. 販売価格を決めよう

​関連リンク

© 2020 by Satoko Fujiwara